終活 50代

死期が近い人の臭いってあるの?

50代 終活,危篤状態 期間,危篤 回復,死期 が 近い 臭い,危篤 臨終 期間

 

 

家族がずっと病気療養を
していたんだけれど・・・

 

 

体調が良くなくて緊急入院した。

 

 

それで、
今日病院へお見舞いに行ったんだけれど・・・

 

 

これまで
なんだか嗅いだことが無い匂い?
体臭?腐臭?のようなものを感じた。

 

 

これ以上医療的にできる事は
無いって言われているけれど・・・

 

 

まさか、
これって死臭なんだろうか??

 

 

そんな風に不安に思っている方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

そこで、
死期が近い方の臭いについて
詳しく調べてみました。

 

 

死期と臭いの関係性とは?

 

 

死期の近い方に特有の臭いを
感じる・・・

 

 

実はそういった事を感じる方って
結構多いんです。

 

 

糖尿病患者さんには
特有の甘い香りがある・・・

 

 

と感じられる場合も多いように
病気に関連した臭いというものも
存在しています。

 

 

また、
長期のがん治療などを行っている方は
細胞にダメージを受けてる事も多く・・・

 

 

患部が病変していたり
壊死していたりする場合も
多いんです。

 

 

そして、
そういった部分から特異な臭いが
発せられる事もあります。

 

 

また、
危篤時に大量の排便なども
起こりやすいために・・・

 

 

そういった色々な臭いが
混ざりあって独特な臭いに
感じられる場合もあるかも
しれません。

 

 

鼻で感じない臭いもある?

 

また、
家族の中で一部の人には
そういった特別な臭いが強く感じられるのに・・・

 

 

ある人にとっては何の臭いも
感じられない。

 

 

そういった事もあるんです。

 

 

実はこういった死期が近い方の
特有の臭いというのは・・・・

 

 

嗅覚で感じる臭いではなくて・・・

 

 

人間に元々備わっている
第六感のようなもので感知するという
場合もあると言われています。

 

 

オカルトが嫌いだからそんな事
信用しないよ!!

 

 

って思う方もいらっしゃるかも
しれませんが・・・

 

 

人間が認識している世界は
人それぞれ違います。

 

 

かすかなお花の香りが
女性だけに感じられる香りが
あるように・・・

 

 

鋭い第六感を持っていて
そういった死期後き方の臭いを
敏感に完治してしまうという方も
いらっしゃってもおかしくはありません。

 

 

もし、
これまで感じたことの無い臭いを
感じる・・・・

 

 

そんな風な異変を感じた場合には、
第六感が何かを感知しているのかも
しれません。

 

 

そういった異変を感じた場合には、
一度家族を看取る心構えを再確認
してみましょう。