終活 50代

家族葬を3人だけでやりたい!費用はいくら?

50代 終活,危篤状態 期間,家族葬 3 人,終活 やる事,危篤 臨終 期間

 

 

高齢の母が施設で亡くなった。

 

 

母が生前親しくしていた方は
もうほとんど鬼籍に入っている。

 

 

親戚づきあいも薄いから、
家族3人だけで静かに故人を
見送ってあげたい。

 

 

そんな風に考えている方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

昔の葬儀は、
会社関係の人間関係や
ご近所さんまで巻き込んで
大げさにおこなう事も多かったのですが・・・

 

 

現在は、
本当に親しい家族だけで
故人と最期の時をゆっくりと過ごす
という事も増えています。

 

 

ですので、
本人や家族が納得する形であれば
家族3人での葬儀というのは
全く問題がありません。

 

 

そういった際に、
家族3人が列席する家族葬って
どんな流れになるの?

 

 

 

また、
どのくらいの金額がかかるの?

 

 

そんな風に気になりますよね??

 

 

そこで、
3人列席の家族葬の流れや
費用に関して詳しくお伝えします。

 

 

3人の家族葬の流れや金額は?

 

 

一般的に病院やご自宅で
亡くなられた場合・・・

 

 

家族葬であったとしても、
遺体の搬送や安置・納棺、
通夜・告別式・火葬などの
通常の葬儀の流れは変わりません。

 

 

そうなると葬儀費用も、
一般的な葬儀と大差ない金額が
かかってくる場合もあります。

 

 

ですが、
家族葬にする理由として・・・

 

 

親しい家族だけでひっそりと
故人を偲びたい。

 

 

葬儀にそこまで費用をかけたくないと
いうのが故人の希望だった。

 

 

そういった事だった場合は、
通常通りの葬儀の手順にこだわる
必要は無く・・・

 

 

お通夜などを行わず、
最低限度の弔いにとどめる
という方法もあります。

 

 

一般的な家族葬ですと
大体最低でも50万円程度の費用が
かかります。

 

 

ですが、
お通夜などを行わない1日葬などを
行うと・・・

 

 

35万円程度の費用に抑えられます。

 

 

さらに一切の葬儀を行わず
自宅または病院などから直接火葬場へ
搬送し火葬に伏す火葬式のみだと・・・

 

 

20万円程度の費用で行う事も
可能です。

 

 

実際には、
僧侶の読経料や戒名代などを含めると
+30万円程度の費用が必要になると
考えておくべきです。

 

 

こういった金額を参考にしながら
家族3人で満足のゆく家族葬を
行えると良いですね♪